Twitterでつぶやくだけで、お問い合わせになる時代最高!

2017/08/25

最近、Twitterが「お問い合わせ機能」としてもかなり有効なツールだということがわかりました。

Webサービスとかを使っているとき、「使い方よくわからん」「バグ見つけた!」とか、ちょっと困るときってありますよね。

でもわざわざ問い合わせフォームから、メッセージ書いて送るほどのものでもないし、っていうか面倒臭いし・・・って思うんです。

でもこのことを誰かに伝えたい!ってとき、僕はよくTwitterでつぶやくんですが、きちんとエゴサーチしている企業さんからはめちゃくちゃ早いスピードで返信が帰ってくるのです!

つまり、不満や疑問をTwitterでつぶやくだけで、企業の方がそれを見つけてくれて、解決まで導いてくれる時代になったのです。

CODEPREP(プログラミング学習サービス)

Smooz(次世代のスマホブラウザ)

Spotify(音楽視聴サービス)

TimeTree(スケジュール共有サービス)

Twitterはただのつぶやきサービスではなく、企業にとってはユーザー満足度を高めるツールになっています。

ユーザーにとっても、つぶやくだけで問い合わせになるなら、それに越したことはありません。

つぶやいて個人情報が必要になったらあとはDMでやりとりをしていけばいい。メールの役割ってほとんどなくなってきたなと思います。

特にIT系のサービスを提供している企業さんは、絶対に公式アカウント作るべきだし、エゴサーチの仕組みを整えておくべきですね。

いやーほんとうに素晴らしい時代になりました!